塾長blog更新『草野心平「河童と蛙」』

資料請求・お問い合わせ

塾長blog更新『草野心平「河童と蛙」』

塾長blog更新『草野心平「河童と蛙」』

2020/11/18

今年もあと2週間と少しで期末テストです。中3生にとっては連絡進学ができるかどうかが決まる大切なテストですから、体調に気をつけて、準備万端で臨んでもらいたいところです。
さて、今回のテストでは、1年生の国語のテスト範囲に「河童と蛙」(作:草野心平)が入るそうです。この作品、書かれたのは1938年。結構古い作品なんですね。教育出版の教科書(附中の国語教科書の出版社です)の出典は『げんげと蛙』(教育出版センター・1984年)で、教科書に採用されてからでも30年以上経っているそうですから、「ああ、あの『るんるん るるんぶ』か」なんて、思い出される方も多いと思います。ご存じ無い方のために紹介しておくと、

るんるん るるんぶ
るるんぶ るるん
つんつん つるんぶ
つるんぶ つるん

河童の皿を月すべり。
じゃぶじゃぶ水をじゃぶつかせ。
かおだけ出して。
踊ってる。

という、沼で河童が唄って踊る詩です。周囲の景色もこんな風に擬人化されて、ユーモラスに表現されています。

続きはこちら↓

https://ameblo.jp/tmc-ikeda/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。