基礎基本が大切

資料請求・お問い合わせ

基礎基本が大切

基礎基本が大切

2021/06/09

基礎・基本が大切

豊中、川西の大手進学塾に通っているだけではいけない!

以前、メルマガでも書いたことがあるのですが、基礎基本が何よりも大切なのにも関わらず、基礎基本ができていない子どもが多いのです。


特に、附属池田小学生の5年生、6年生で豊中、川西、西宮北口などにある大手の進学塾に通っていたか、現在も通っていて掛け持ちしている生徒の中に、算数や理科の基礎が全くわかっていない生徒がいるのです。


本来、もう、そういう大手の進学塾では終わってしまっている範囲であれば、基礎・基本については、出来るようになっていて当然のはずです。


ところが、全然身に付いていない、全くわかっていない、中途半端、ということがとても多いのです。


これは、附属池田中学生についても同じで、先取り学習をしすぎていて、中学生の内容が身に付いていないことが多いのです。特に英語と数学は、本当に学習をしてきたのかを疑いたくなることも多々あります。


附属池田小学生であれば、「がい数」「単位量あたり」「割合」「割合とグラフ」「速さ」というところが特に多いです。


「濃度」「通貨算」「旅人算」などと言われると、解き方を知っているからできる生徒もいるのですが、もっと基本の問題でできなかったりするのです。


基礎・基本がしっかりとまず理解でき、基礎・基本を問われるような問題が確実にできるようになっていることで、割合や速さの問題で、「割るの?かけるの?」という子どもの質問は無くなります。


それを聞いているということは、子どもは自分で考えることはせず、「どうやって解くかという解き方を教えて欲しい、早く答えを出したい」と考えていることであり、実際には、テストや入試、問題を解くことができるようにはならないのです。


基礎基本はできるだけ文章を読んでできるものがいいですね。なぜなら、自分で読んで考えることをしないといけないからです。


ぜひ、豊中や川西の大手進学塾に行かれている方は、陰山メソッド 徹底反復シリーズ  5年生の算数、6年生の算数の問題を1ページ5分くらいで解いてみてください。


本当に、全問正解して当たり前の問題です。ケアレスミスなどという言い訳はさせないでください。これを自信を持って取り組んでみて、もしもできないところがあれば、正直に基礎・基本を見直してほしいと思います。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。