資料請求・お問い合わせ

塾長blog更新『偏差値60』

塾長blog更新『偏差値60』

2020/07/07

新学期が始まったかと思ったら、中3生はもう第1回実力テストと中間テストが終わりました。中間テストも採点が済んで、答案も皆返却されたことと思います。戦績はどうでした?

さて、第1回実力テストですが、今回は業者のテストでしたので、成績表には、全国順位や偏差値、学習領域別の診断など、いろいろとデータが載っています。ぜひ活用していただきたいものです。

データの中でも、偏差値は結構気にする人がいるのではないでしょうか? 「連絡進学にはどれぐらい必要なの?」とか、不安な方もあるはず。連絡進学には、もちろん成績も必要ですが、提出物や授業参加など、いわゆる「平常点」のウェイトも大きいので、一概に「偏差値は~以上が目安」とは言えません。ですが、これまでの進学実績から、「これぐらいないと、この後、学力的に厳しくなりそう」な一応の目安は挙げられます。「60」です。

五ツ木書房、育伸社、大阪進研…、業者のテストもいろいろあって、偏差値も業者やその時の受験者数などで変動しますが、こういった業者の模擬テストを受験した際に、連絡進学できた生徒と、できなかった生徒の分かれ目になるのが、例年だとだいたい偏差値60なんです。もちろん、60未満で連絡進学できた生徒もありますし、これ以上でもできなかった生徒もあります。でも、足りないで連絡進学できた生徒はあまり多くありません。

 

続きはこちら→

https://ameblo.jp/tmc-ikeda/entry-12605876987.html

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。