資料請求・お問い合わせ

基礎が何よりも大切

基礎が何よりも大切

2019/07/09

いよいよ夏休みです。遊ぶ予定も勉強する予定もたくさんあると思います。

そんな中で、勉強については、

「基礎を大切にする」ことを

意識して、この夏休みを過ごして

欲しいと思います。

 

例えば、いつもよく例に出すのですが、

小5の算数の三角形の面積のところと、

中2の数学の面積が等しい三角形の

ところには同じことが書いてあります。

 

そんなはずはないと思われるかも

しれませんが、記号は違いますが、

図は全く同じです。

 

小5では三角形の面積は底辺の長さが

同じであれば、図形の外側に高さが

あったとしても、高さが等しければ

面積が等しい、ということが書かれて

います。

 

中2では、△ABCの頂点Aを通り、

BCに平行な直線上を頂点Aが移動

しても、△ABCの面積は変わらない

ということが書かれています。

 

実はどちらも同じ図で同じことを

言っているのですが、目的が異なる

のです。

 

実はこのようなことがたくさんある

のです。

 

ただ、何を理解する必要があるか

ということは、当然、違います。

 

同じであるはずがないのです

 

けれども、先ほどの例なら、小5の

時点で、すでに当たり前のこととして

理解しているべきことなのです。

 

しっかりと理解できていれば、

中2で学習した時に、当然のことと

して考えられ、そこから中2として

理解しておかないといけないことに

重点を置いて学習できるのです。

 

 

こうして小学生の基礎の上に新たに

中学生としての基礎を積み上げて

いけるのです。

 

 

だからこそ、基礎が大切なのです。

 

基礎が身についていないところに

どれだけ積み上げても、うまく

積み上がってはいかないのです。

だからこそ、小学校の学習は

覚えるだけでなく、理解することが

とても大切なのです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。