進学塾TMC池田

進学塾TMC池田は、大阪教育大学附属池田の専門塾です。

*

中学生のときから予備校に通っていると、中学校のテストの点数が取れなくなることがあります。なぜなら、あまりにも大学受験に向けて先取り学習ばかりするからです。まず、中学校の内容をしっかり学習した後に高校内容を学習することで、大学受験への基礎学力を確実に身につけることができます。そのため、大学受験に安心して取り組むことができるようになるのです。また、私立の六年一貫校は、高2までにすべての内容を終わります。そうすると、高校3年生の1年間、受験の準備に充てることができます。中学内容を省かず、少しだけスピードをあげて学習することで、大学受験の準備を十分にできるようになるのです。

中学・高校内容の学習を早くに取り組むことによって、大学受験の準備に時間をかけられます。特に難関大学になればなるほど、受験の準備には時間的な余裕があるほうが有利です。なぜなら、センター試験の対策や大学入試問題のトレーニングに時間をかけられるからです。だからといって先取り学習がすべてだというのではありません。

実際、附属池田中学校(以下、附中)のテストがおろそかになると、附属高校池田校舎(以下、附高)には進学できません。あまりにも大学受験の先取りばかりを考えて、先へ先へと学習していると、中学校の内容とかけ離れてしまいます。先へ先へと急ぐばかりに、中学内容が身につかないままになり、中学内容が分からなくなってくるのです。そうすると、附中の定期テストの点数が取れなくなり、結果的に附高に進学できなくなってしまいます。だからこそ、今の附中のテストもしっかりと点数が取れるように準備していかないといけないです。

附中のテストの点数をとることと、大学受験の準備をすることは一見、矛盾しているようにあなたは思うかもしれません。中学内容には、大学受験に出題されないようなこともあり、そのため、中学内容すべてを学習することは無駄だと思うこともよくわかります。しかし、実は、違うことをやっているようでも、中学校の学習をしっかりとすることで、大学受験の準備にもなっているので、違うことをやっている訳ではないのです。大学入試に出題されないものでも、基本的な知識として知っておくべきことですし、中学内容は高校内容の基礎となるものです。ですから、しっかりと学習して身につけておく必要があるのです。その上、それぞれの教科について、どのように考えるかという「考え方」も身につけることはもっと大切なことなのです。だから、高校内容を学習する前にしっかりと中学内容を学習しておくことが必要なのです。

中学1年生から高校2年生終了までで、中学・高校6年間の学習をすべて終わります。その間、中学内容も高校内容もすべて学習します。それだけではありません。それぞれの学年の定期テストの時には、必ず、2週間から3週間、定期テストの対策を行います。附中から附高へ連絡進学するためには、英語・数学・国語・理科・社会の5教科だけでなく、美術・技術家庭・音楽・保健体育の4教科の成績も必要です。それも9教科すべての教科が10段階評価で5以上の成績が必要なのです。ですから、技能4教科のペーパーテストへの対策も行います。そうすることで、附中のすべてのテストで高得点を取り、安心して附高に進学できる状態を作ります。その上、附高に進学しても、中学のときに高校内容の先取り学習が十分できているので、高校内容や大学受験の準備も万全です。

中学生のときから大学を意識して、大学受験への準備をしていくことはとても大切です。そのことをしっかりと考えながら、中学内容の学習でも、高校内容の学習でも、基本的には自ら取り組めるようにしていかなければいけないのです。中学生のときから大学受験を意識して、自分で学ぶ習慣を身につけ、その中から、自分独自の学習方法を身につけていくことで、学習効果をより高めていくこともたいへん重要なことなのです。附中生の時から、附高生と机を並べて、また、同じ塾、同じ附属池田の卒業生の講師から指導を受け、学習していくことで、学習方法や大学受験への意識を高めてもらうことも、重要な狙いの1つなのです。

進学塾TMC池田で、中学生の時から大学受験を目指して、京大、国公立大学医学部、阪大、神大に合格した先生たちが、現在、子ども達を教えています。彼らは同じ塾、同じ附属池田の卒業生です。TMCの講師には元塾生であれば誰でもがなることができるわけではありません。学習だけではなく、さまざまな面から厳しく選抜され、研修を受けた先生方です。彼らがどのように中学・高校時代をすごし、学習してきたかを聞くだけでも、たいへん大きな価値があり、子ども達が進んでいく道筋を照らす光になると考えています。彼らから学ぶことは、学習内容だけでなく、学校生活、学習方法など、多岐にわたります。まさに同じ学校の先輩から、直接、附属池田生としての中学・高校時代のすごし方を学べるのは弊塾をおいて他にはありません。

附中から附高に確実に連絡進学すること、そして、附高から京大・国立大医学部・阪大・神大などの難関国立大学に合格することが、第一の目標です。その目標の実現のために、自ら学ぶ姿勢を身につけることが何よりも大切だと考えています。なぜなら、難関国立大学に合格することもあくまで通過点でしかありません。最終的には社会に出て活躍できる人材となること、それが最終的な目標です。そのためには、自ら学び成長していけることは、たいへん重要なことなのです。

体験授業のご予約はこちら

ただし、誰でも体験授業に参加できる訳ではありません・・・入塾条件には次の2つのようなことがあります。1.他人を尊重すること、他人を思いやることこれは絶対の条件です。当塾は進学のための学習をするためだけの場ではありません。あくまで人間性を高め、共に切磋琢磨する友人と人間を磨く場であると考えています。このことを遵守していただきます。どの学年・コースでも他人を尊重できない行為はどんなことがあっても認めません。2.成績を提出すること指導上に必要な、通知表・10段階評価・各学内テストの成績カードなどの成績資料、及び学習の記録は、塾外秘として公表しないことを前提に定期的に当塾まで必ず提出していただきます。これを最低守っていただけない方の体験授業の参加はお断りしています。

体験授業のご予約はこちら

よくある質問 Q1:体験授業は費用がかかるんですか?A1:費用は何もかからず無料です。Q2:体験したら必ず入塾しないといけないですか?A2:必ず入塾しなければいけないということはありません。また、体験をしていただいたからと言って、しつこく勧誘したり営業したりすることはありませんのでご安心ください。Q3:受けたい科目全部を体験してもかまいませんか?A3:もちろんかまいません。Q4:授業の最初から最後まで体験しなければいけませんか?A4:できれば1回の授業すべて体験していただきたいですが、ご都合が悪ければ途中で退出していただいてもかまいません。Q5:同じ科目を2回体験することはできますか?A5:基本的には1回だけでお願いしています。Q6:保護者は一緒に授業を見学することはできますか?A7:一緒に授業を見学していただいてもちろんかまいません。

追伸:お急ぎください。なぜなら、クラスに定員があるため、定員になり次第、募集を終了するからです。各学年、科目共、すでに体験授業を受けられた方がいらっしゃいます。その方が入塾された場合、体験授業をお受けいただいてもすでに定員に達していて、入塾できないことがあります。ですので、入塾をご希望される場合は、今すぐ体験授業をご予約ください。


体験授業のご予約はこちら

生徒からいただいた声のほんの一部をご紹介すると・・・









「最低限度しかやらない自分に何度もしかってくれて、たくさんアドバイスや体験談をきかせてくれて、やろうと思わせてくれた先生達に本当に感謝しています。」「いざ入って慣れてくると、とても楽しく、ストレスがなく、とても良い所だと感じました。無事、附高に進学して、振り返ってみると、ここの塾で本当に良かったと思います。ありがとう、TMC」「附中、附高出身の講師の先生方に、合格するためにどんな勉強をしたらいいか、分からない問題があればどのようにして解けばいいかなどくわしく教えていただいたり、朝早くから夜遅くまで自習に付き合ってもらったり、先生方の支えがあったからこそ、今の自分があると思います。」「この塾は授業で分からない内容を教えてくれたり、授業外でも質問を受けてくれたりしてくれてとても良かったです。また、先生方は全員優しく、話も楽しいです。受験直前は塾を開放してくれるなどして、サポートしてくれてとても役に立ちました。」「高校に受かるまでどうしてもくじけてしまうことが何度もあった。でもその度支えてくれる先生がいてくれて、助けられた。」

「TMCに行って良かったとこは、どうやったら附高に合格できるかという手引きや、附高と他の高校との違いなど、勉強のことだけでなく、合格した後のことまで教えて頂きました。他の塾では教われないことを学べたと思います。」「TMCではただ単に勉強するだけでなく話もしてくれて、精神的にも支えてくれました。」「TMCでは先生が生徒一人一人のことを真剣に考えてくれているな、と感じました。先生は分からないことがあったら嫌な顔一つせずに教えてくれるので、気軽に聞けました。」「先生方にはたくさん質問をさせていただきました。納得するまで教えていただき、本当に感謝しています。」「学校の定期テストの勉強をたくさんできました。特に、副教科のプリントが為になりました。自習室もあってよかったと思います。」

「附属の生徒だけが通っていて、安心できる。本当に、この学校についてだけ徹底して対策してくれるから、定期テストも自信がもてた気がする。プリントをたくさんくれて、為になることいっぱい。勉強の仕方も教えてくれるから、いろいろ話せてよかった。」「はじめはなかなか相談できなかったけれど、フレンドリーな先生方で、話しやすくて、とっても分かりやすかったです。入試付近の冬休みの時は、たくさんの問題集を提供していただき、そのおかげで合格することができました。」「先生からもらった教材やプリントを全てしっかりと暗記し、復習したらかならず力がつきます!大変ですがあきらめないで毎日、少量でもいいですからコツコツやって下さい。いつのまにかできるようになっていますから・・・。」「三年の1学期は成績が悪くて進学できない状態だったが、毎日塾で自習することで、2学期の成績が上がった。」「私は3年生の二学期でこの塾に入り、なんとか高校の推薦を貰うことができました。」

「中学は一回一回のテストが大事だったので、毎回のテスト対策(副教科のプリントも含んで)はとても助かりました。中3のとき苦手だった数学も先生の解説のお陰でわかるようになり、無事附高にも進学することができました。」「TMCの先生がたはおもしろく、やさしく、フレンドリーで気兼ねなく勉強に集中できました。塾の雰囲気もすごくアットホームで居心地がよかったです。でも、ほのぼのしているだけではなく、自習室などはみんながまじめに勉強していたので自分を奮い立たせてがんばれました。先生がたのはげましのおかげで、現役で国立大に合格できました。本当に、お世話になりました。」「私は学校の理科が苦手になり、理科の成績が一番悪かったので通い始めました。先生は習っていた理科だけでなく、他の教科の相談までのって下さったり、副教科のプリントも下さり、プリントをこなすことで自分が暗記した知識を定着させることができたと思います。また学校生活や附高のアドバイスも下さり、本当に感謝しています。そして、最後には一番苦手だった理科が一番成績がよかったです!!」「TMCの先生は、勉強面・生活面においてサポートして下さり、本当にお世話になりました。 講師の先生方にも、学校生活についてたくさんアドバイスしていただき、すごく参考になりました。テスト前には授業が終わった後でも様々な質問に応じてくださり、すごく助かりました。」「中3の2学期中間テストが終わったときの僕の成績は連絡進学圏外でした。しかし、そんな困った状況のときに、友達の紹介で入塾したTMCが僕の勉強に対する姿勢を変えてくれました。入塾したばかりの僕に全力でサポートしてくれたおかげで、 期末テストで高得点をとることが出来、無事、附高にあがることが出来ました。TMCがなければ僕の勉強方法は改善されないままだったと思います。」

「まずはじめに僕はTMCの個性豊かな講師陣におどろかされました。ユーモラスで巨漢で知らないことはないと思われるほどの知識の林先生(塾長)、 厳しいけど頼りになる谷先生、たまに鬼と化する英語担当の女性講師陣(TMCのOG)、 とバリエーション豊かな先生達の姿がそこにはありました。」「またTMCは勉強だけでなく、学習のやり方、将来について、生活習慣、常識、 内申点のとり方、雑学など大事なことをたくさん教わりました。TMCがなければ今の僕はなかったと思います。」「僕は、中2の冬ぐらいに10段階合計が42ぐらいしかなく、このままでは附属にいけないと思いこの塾に入りました。すると中3からどんどんと成績が上がっていき1学期の成績は54まで上がりました。そのまま順調にいき附高にいくことができました。」「TMCでは、一人ひとりのことについてきちんと考えて対応してくれる点がとてもよいと思います。授業を受けていると、自分の弱点がどこで、それをどのようにしたら克服できるかがとてもよくわかります。また、勉強とは自分でするものだということを授業の中から学ぶことができました。その他には勉強においてはもちろんのこと、生きていくうえで“考える”ということ、その“考え方”という基本的だけど、大切なことを教えてもらいました。」「僕が進学塾TMCに通い始めたのは小学校5年生の時で、今でもう7年の付き合いになります。 勉強の面倒を見て下さるのはもちろんのことですが、この進学塾TMCは、生徒と先生方のつながりが本当に深い塾です。勉強面だけでなく、私生活や学校生活の些細な悩みを本当に親身に聞いてくれます。だから、この塾の生徒はみんな、この塾の先生方を心から信頼しています。」

体験授業のご予約はこちら

「学習塾を頼る際、成果重視型、生徒尊重型、講師先生特性型のいずれかの塾を選択する事と思います。こちらの塾では2番目に当たる指導の元、子ども自身の実力相当での進学を、最後までサポートして頂き、満足しております。附属内部進学、或いは公立・私立校を受験するに当たっては、長年受験指導に携わって来られた情報やノウハウを、先生方が歯に衣着せず提示して下さった事も私たち、生徒・保護者にとっては大いに助けとなりました。思春期(反抗期)の子供にとって、仲間がおり、学習・精神面で親には向かえない代わりの先生がいらっしゃる教室が、家以外の第2の居場所としてあった事に感謝申し上げます。」「知人の紹介で入室させて頂くことになってから早くも2年になります。少ない人数の中で、きめ細かく見て下さり精神面での成長も親の知らないところで頑張っているのだということがわかりました。子供も友人に恵まれる中、先生方へ心を開いている様子が垣間見え、安心して通わすことができております。早朝学習や他の教科をやり抜くと決めた子どものフォローをしていくつもりです。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。」「塾が大嫌いで、希望していなかった附中に合格した本人は困惑。劣等生でした。英語の成績が下から10%程度に定着した1年生の秋にTMCの門を叩きました。塾選びで考えたのは、今のカリキュラムがこなせないのに別のカリキュラムと二重にできるわけがない、一般公立向きでは対処しきれない。「附属専門」という言葉がたよりでした。あと懸念は教えっぱなしではダメ。ついていってるのかどうかフォローしてくれなければ、というものでした。入塾の面接で指導者の方に、温かくふところの深そうな人柄を感じ、お任せしようと決めました。成績の向上よりも、劣等生でも安定した気持ちで附中生活が送れればそれでいい、と祈る気持ちでした。英語の成績は1,2回後の考査で「並み」になり、その後むしろ得意科目になりました。しかしその後は他の科目で同様の成績を記録し、その都度受講科目がふえました。受講した科目は嘘?のように成績が安定しました。3年生の2学期初め、成績は附高進学のボーダーライン上でした。そこで、「あとは誰も手伝うことができない。結果がすべてで100%自分に返ってくるだけ。後悔のないように過しなさい。」と不干渉を宣言。本当に附高に行きたかったから頑張れたのだと思います。

TMCは子供がちゃんとやっているかどうかのチェック、やらせてくれるという満足度はたぶん100%に近いと思います。TMCで食べて、始まるまで寝て、仲間がいて、先輩後輩とも親しくさせてもらい、彼にとってどこまでも自分の味方で、第二の家庭のような存在だったと思います。大黒柱は温かい愛。あとは「宿題やってないと絶対許してくれへんこわーい先生」がいるだけのようです。あと注意(お説教?)もよく飛び交っているようです。我が家にとっては「お世話になり度300%」くらいの塾ですが、「入ってわかる+?%」というところです。」「子供を学習塾へ通わせる時に親が一番望むことは学力の向上です。それも大きく捉えた上での学力の向上は勿論のこと、要は「次の期末で何点はとれる様になってほしい。してほしい。」という切実でせっかちな願望です。では子供と塾との関わりはそれが全てかというと我が子の場合は少し違います。勿論学習しているということが一番大切なことですが、それ以外にも学校での友達との些細な喧嘩の愚痴、思春期特有の親や大人への不満や憤り、親に話さないようなことまで塾の先生に話し、そのつど笑いとばして頂いたり、慰めて頂いたり、意見して頂いたりしているようです。子供にとっては単純に「成績を上げる為に通ってる塾の先生」ではなく「自分を査定せず、自分の頑張っている世界に理解を示し、憶測で物を言わない、尚且つ自分の夢や目標に惜しみなく協力してくれる信頼出来る大人」として深く暖かく存在している様に思います。通塾、入塾、文字にするとそれだけですが、これも人と人との出会いということを感謝せずにはいられない毎日です。」

体験授業のご予約はこちら